創作詩

「慕う人」

名前も知らない 年齢も知らない 顔さえ知らない それでも慕う人がいる 声を知っている 思想を知っている 才能を知っている だからこそ慕う人がいる タップひとつで断ち切れる 会う約束など決してしない お互い素性を明かさない その儚さゆえ慕う人...
創作詩

「知らぬ振り」

群衆の中で、知っている顔を見つけた 間違いない 間違えるはずがない けれども 気づいていない振りをした 本当は声をかけたかったけれど 別れを告げずに立ち去った人 知らぬ振りをしたのは あの人への愛のつもり 雑踏の中で、知っている顔を見つけた...
創作詩

「好きでも嫌いでもない人」

好きでも嫌いでもない人に あなたが好き と言われた  好きでも嫌いでもない人なので 好きでも嫌いでもない人として接していたら あなたが嫌いと言われた 好きな人を嫌いになるには 随分と心の振れ幅が大きく 力を消費しただろうなと思った だから、...
創作詩

「僕に構わず」

僕に構わず行ってくれ 僕は誰とも歩いていない 僕に構わず笑ってくれ 僕は誰も泣かせたくない   僕に構わず愛を育め 僕は誰も愛さない 僕に構わず戯れて遊べ 僕は誰とも交わらない 僕に構わず行ってくれ 僕は助けを求めていない 僕に構わず君は行...
創作詩

「泥のように」

池の底に沈んでいる 黒く冷たい世界に 光は届かない 私の中で養分を蓄え 明るい空に向かって咲く その花は 清らかに眩い輝きを放ち 観衆を魅了している 泥のように生きてこそ その麗しさの真価を知る 生まれ変わりがあるとしたら あの花のように ...
創作詩

「天気予報」

天気予報って当たるんだね 君は笑って話していた あんなに雨に打たれたのは 生まれて初めてのことだよ 君は雨に溶けて消えた あの笑顔は幻だったのか もう二度と会えなくなるなら いつまでも雨に打たれていたかった 今日も空から落ちるのは 僕の涙の...
創作詩

「最低な僕」

君の隣で笑っていた僕は 僕であって僕じゃない 君が知っている僕は 僕であって僕じゃない 君が愛したあの男は 僕であって僕じゃない 君が信じていたその人は 僕であって僕じゃない 本当の僕を君は知らない 僕が君にしたことは ただ欺いたということ...
その他

はじめまして

鵠更紗(くぐいさらさ)です。 短編小説や童話、詩(歌詞)、エッセイを書いています。 よろしくお願いします。
PAGE TOP